• 乾燥肌向けの化粧水

    肌悩みは人それぞれですが、特に多いトラブルが乾燥です。

    化粧水の乾燥肌に関する耳より情報です。

    肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい外側の刺激を受けやすくなってしまいます。

    そうするとかゆみなどの症状だけではなく、肌荒れやニキビなどを引き起こしやすくなります。
    それを避けるためにも乾燥肌はしっかり改善していくことが必要です。

    乾燥肌を改善するポイントの一つが、化粧水の選び方になります。

    化粧水は洗顔後の水分補給をすると同時に、他のスキンケア用品の成分を浸透しやすくするという働きがあります。そんな化粧水は様々なものがあり、乾燥肌を潤わせる成分が入っているものがオススメです。選び方としては、水溶性の保湿成分を角質層に届けるのがポイントとなります。

    肌の水分を保つ成分は、角質層に存在する細胞間脂質と天然保因子、皮脂などが挙げれます。
    これは洗顔をすると落ちてしまうため、スキンケアはそれを補っていくことが大切です。



    乾燥から肌を守る水溶性の保湿成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンのほか、グリセリンやピロピレングリコール、ブチレングリコールのほか、天然保湿因子に含まれている成分であるアミノ酸や尿素、ミネラルなどが配合されているものも良いとされています。

    その他は肌の天然保湿因子自体の生成を高めるハトムギなどの、植物エキスを配合されているのもオススメです。

    様々なものがありますが、自分の肌に合ったものを選ぶことが、乾燥肌を改善することにつながります。